右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

エコ・テロリストを殲滅せよ!
業務連絡から申し上げます。まずスパムトラックバックが増えてきましたので、トラックバックは承認制としました。

コメントは画像認証が必要なものに変えました。お手数おかけしますがよろしくお願いします(アク禁とかはいまのところ無いです)。

コメントもスパムが多くなってくるようなら承認制にするかもしれません。以上業務連絡終わり。ーーー


さて、今日は土曜日ですので、気楽な調子で書きたいと思います。とは言っても私は結構怒っています。

怒ると論調が感情でゆがめられてしまうので、冷静にならなければならないところですが、適当な調子で書いてゆきたいと思います。

最近なにかとお騒がせな、シーシェパード、最初は、千昌夫の元奥さん?かと思いましたが(あれは、ジョン・シェパード!)、何なのでしょうか、あいつらは。

ああいうのはエコ・テロリストと言うらしいですが、そういえばエロ・テロリストというのもいましたね。あれもろくな奴じゃないと私は思いますが。
昨日もテレビで彼らが日本の調査捕鯨船にテロ行為を働いているのを見ました。ほとんど戦争をしかけてきて、挑発しているとしか私には思えません。

相手は国ではなく、特定の団体ですが。彼らと戦闘して戦争するというなら、私は志願しても良いとすら思います。(まあ冗談ですが)。

しかし、たいていの日本人はああいうことされているのを見て知っても、たいして反応しないようです。

クジラなんて別にどうでも良いし、怒っている人がいるならやめては?と、まるで靖国問題の時に見たような反応が大方の日本人です。

いや、中国人に言われると反感を感じるけれども、白人にいわれると素直に従うような、そういう日本人も多いのかもしれません。

なさけなくて、屁がでます。

書く気力も失せるというもので、あとは捕鯨問題について初期のブグで書いた内容の転載だけして(一部改変)、今日は終わりたいと思います。

それに、最近はあるお方へのレスでもう精も根も尽き果てて、更新の余力も残っていません。というのはウソです(笑)。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

[欧米][歴史] 捕鯨問題

 捕鯨で一番問題なのは、日本がいくら科学的なデータを出して、「クジラの数が増えている、一部は増えすぎて生態系が狂っている」などと主張しても、欧米が感情論をもちだしてきて、まったく聞き入れてもらえない事だ。

 ヒステリックな捕鯨反対はほどんど宗教的発想からきている。だから日本の出す科学的データも目に入らないのだ。科学の問題ではなく宗教だから。

 クジラやイルカはギリシャ神話では神聖な動物と言われていた。キリスト教ではヨナを飲み込んだ魚との連想でクジラはキリスト自身の象徴と見られている。動物ではなく人間や神と同格と見なされているのだ。従ってクジラを食べる事は、人間を食べること(=「カニバリズム」)と同等な「悪」と見なされている。

 だからキリスト教の色が濃い国ほど強く捕鯨に反対している。それこそヒステリックなまでに叫んでいる。ああいうのはキリスト教原理主義者たちだ。

 しかし、インドでは牛が神聖視されていて食べないが、よその国が食べている事までには文句を言わないだろう。豚を食わない宗教もあるが、これだって他の文化が豚を食ってもやいやい言わないだろう。
クジラは家畜ではないから別だと言われるかもしれない。

 しかし、捕鯨は歴史的に見て日本とか北欧の国だけが行ってきたわけではなく、アメリカを中心に多くの国で過去になされてきた。

 アメリカの過去にやってきた捕鯨はひどいものだった。クジラからただ油を採るのが目的で、他は全部捨てていた。しかもアメリカ式に合理的にやるもんだから大量に捕鯨していた。

 その後石油発見・魚油、植物油の生産などで多くの国の捕鯨は衰退したが。自分の国がさんざんやりたい放題やっておいて、今になって一切だめなどという理屈がまかり通るのか。それを実際に通すのだから勝手としか言いようがない。

 他の国では捕鯨は衰退したが、日本が捕鯨を最後までやっていたのは捕鯨が日本の伝統や文化と強く結びついていたからだ。

 肉や油だけでなく、ヒゲや皮まで利用し、クジラのほとんど100%を無駄なく利用した。油を取るためだけに捕獲してすてるような野蛮な事はしていない。
 文楽人形の頭やカラクリ人形のバネ、鵜飼いの糸、弓、提灯の取っ手、ブラシなどなど食肉や油の利用以外に様々な材料に使われてきた・・・。

 材料だけでなく日本各地にクジラにまつわる神事があったりもする。食肉として戦後の食糧難を救ってくれたのもクジラ肉である。

 だから日本の捕鯨は本当に歴史や文化と切っても切り離せないものなのだ。

 日本人で、「クジラの肉なんか食わなくても他のを食えばいい」とか「クジラのヒゲなんか使わなくても合成繊維でいい」なんていう人は、自国の文化が消滅していく事に鈍感であるとしか思えない。

それにしても、シーシェパードとその支持者は野蛮人である。

野蛮人とは未開人のことではない。文明の進歩とは関係ない。異文化を理解しようとせず、平気で他の歴史や文化をふみにじる輩のことである。

ただ、そうならば、最近の日本人みたいに、自分たちの文化に誇りも感じず古くさいものとしか思わない、そういう人種も野蛮人なのかもしれない。

捕鯨問題は欧米人にも日本人にも野蛮人が増えたということなのかもしれない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
クジラ その歴史と科学クジラ その歴史と科学
(2003/06)
小松 正之

商品詳細を見る
動物保護運動の虚像―その源流と真の狙い動物保護運動の虚像―その源流と真の狙い
(2004/04)
梅崎 義人

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
あれは
海賊ですよ。海賊旗を掲げていますから。たしか、海賊には実弾をブチこんでもいいみたいですよ。今回は、炸裂弾使っただけですが、次回は、北の工作船のように、MP5自動拳銃を馳走してやるべきです。テロリスト指定受けた団体ですからね。日本には、福嶋瑞穂の内縁の旦那が、マメ日本支部のヘッドしてますから、連携している可能性が極めて高いですね。
新四郎 | URL | 2008/03/08 (土) 09:55:04 [編集]
たしかに、海賊旗みたいのをはためかせていましたねえ。

でも、彼らに資金援助している財界人とかもオーストラリア人かどこか、わりといるみたいな話を聞きましたが。

こういうときに政府レベルで彼らに圧力かけられないのが残念ですね。国内もあまりもりあがっていないみたいだし。
管理人 | URL | 2008/03/08 (土) 13:08:28 [編集]
捕鯨問題に関しては本当に憤懣やるかたない思いです。
彼等はテロリストです。日本は被害者です。でも
彼等は自分らが正義と、思い込んでいますし
感情論で行動してるから、話し合いなど
成立しません。彼等は彼等の道理で動く。
要は、日本側がどう考えるか、ですが
ご指摘のように一般の日本人は「鯨」なんか食べなくてもいいし、あんなに騒ぐんだから捕鯨やめれば、という
感覚の人が多いようなのが問題ですね。
仰るようにこれは民族の歴史、伝統文化の問題です。それを日本国民がどれ程わかっているのか、非常に心もとないのです。
こちらも感情的になっていいなら「何を食べようが
人の勝手だ!!ほっとけ!!」と言いたいところです。
とにかく、彼等の行動は暴力的で許しがたいものです。
これは日本がしっかり抗議し、その様子を世界にも
示していかねばならないと思います。
翡翠 | URL | 2008/03/08 (土) 16:56:26 [編集]
テロリスト撲滅
海賊かテロリストと見なして魚雷をブチ込んで沈めても法的には何の問題もないですよね?
ポレポレ | URL | 2008/03/08 (土) 17:09:03 [編集]
こんにちは。
彼らのやっていることは「海賊」なのですが、盗人猛々しい事に、逆に「日本側が発砲してきた」と非難しているようです。オーストラリア政府も、一応冷静に対応しているように見えますが実際は「海賊」と「調査捕鯨」を同一視しています。日本政府は「海賊」だけでなくオーストラリア政府も批判するべきなのですが、その気配はないようです。よく中国製ギョーザ問題とこの問題やBSE問題とを比較して、「日本政府は中国には厳しいが欧米諸国には甘い」という人がいます。それに対し「いや、欧米諸国にはそれなりに物を言っている。だが中国に対しては甘い。」という人もいます。しかし実際は「外国には常に弱腰」というのが日本の現状であるように思います。日本政府が厳しい態度を取るのは日本国民に対してだけ、のような気もします。
「調査捕鯨妨害:「日本側が発砲、チョッキに銃弾」抗議船側が主張 豪が双方を非難
 【ジャカルタ井田純】「シー・シェパード」抗議船のポール・ワトソン船長は7日、オーストラリアのABC放送に、日本の捕鯨船側から発砲を受けたと主張した。ワトソン船長は「胸のあたりに衝撃を受けた。着ていた防弾チョッキに銃弾が撃ち込まれていた」と語った。また、別の乗組員が日本側の警告弾で軽傷を負ったと述べた。

 オーストラリアのスミス外相は7日、声明を発表。日本側から在日豪州大使館に「警告弾が3回発射された」との連絡があったことを明らかにし、「いかなる船の乗組員によるものであれ、公海上で他者を負傷させる行為、または負傷させる可能性がある行為を強く非難する」と表明。「すべての抗議船、捕鯨船を含む全関係者」に自制を求めた。

毎日新聞 2008年3月8日 東京朝刊」
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080308ddm041040029000c.html
JAXVN | URL | 2008/03/09 (日) 14:12:02 [編集]
JAXVNさん

おひさしぶりです。

それにしても、オーストラリア政府は、海賊と日本の捕鯨船を同レベルで扱っていますよね。あと昨日テレビで見ましたがオーストラリア国内では彼らはヒーロー扱いみたいです。

文化差別・人種差別・日本バッシングの一種だと思うのですが、そういうのは小さな芽のうちから徹底的に摘んでおくべきと思うのに、日本政府もおとなしいものですね。

今にはじまった訳ではないでしょうが。ホントなさけない。
管理人 | URL | 2008/03/10 (月) 08:33:00 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.