右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

日本とは?日本人とは?
これから、ネタに詰まった時、話題の無い時にでも、少しずつ、旧ブログで書いたもののうち良さそう?なのをこちらに移植してゆこうと思います。

ということで、しばらくは歴史関係というか、日本人論みたいなものについて、時間のあるときに移してゆきたいと思います。

旧ブログ「日本とは?日本人とは?」より・・・

この本、とくにかく多くの日本人に読んで欲しい。
世界の偉人たちが贈る日本賛辞の至言33撰世界の偉人たちが贈る日本賛辞の至言33撰
(2005/10)
波田野 毅

商品詳細を見る

ちょっと長いが目次を引用して、その後、これは!と思ったポイントについてさらに引用させていただく。

【世界の偉人たちが贈る 日本賛辞の至言33撰 目次】
プロローグ

アインシュタイン  日本は世界の盟主
 憧れの固へ/アインシュタインを驚嘆させたもの/アインシュタインが語る「日本の心」


ザビエル  西欧にまさる文化水準
 日本人の民度の高さに驚く/清貧を良しとし名誉を重んずる/日本行きの決意/西欧の魔手から逃れられた理由


モース  驚くべき道徳性
 道徳心の高きに驚嘆/美的感覚に優れる


シーボルト  輝く神苑の地
 日本は美しい庭観/既に高い文化水準


ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)  日本人よりも日本を愛す
 自然美の衝撃/日用品でさえ芸術品/日本人よりも日本を愛す


ペリー提督日本遠征記  将来の強力なライバル
 江戸人の豊富な知識/渡米懇願をペリーに拒否された吉田松陰/植民地化の抑止力を発揮した武士の存在


エジソン  発明・独創の囲日本 日本人は独創性豊かな国民/エジソンの独特な才能/心の進化


魏志倭人伝  「国」としての邪馬台国
 すでに存在する「日本」/2000年来の驚嘆の的「盗まない」/卑弥呼はだれか?/進んでいる古代


レヴィ・ストロース  神話から連なる稀有な国
 断絶の無い稀有の歴史を持つ日本/世界の神話の集大成が「古事記」「日本書紀」


サミユエル・ハンテントン  日本は一大文明
 日本は大文明の一つ/遅れていた西欧/世界の中で独特な日本の位置


シェリーマン  高潔
 「神話」を「現実」のものとした/清貧高潔


ゴッホ  純真な日本人の浮世絵が糧
 古来からの芸術性/浮世絵がゴッホを変えた


タゴール  美の王国
 日本人は男女貴賎を問わず美を味わう能力がある/ロマン・ロランとタゴールと岡倉天心/西洋と東洋が調和した初の理想的完成の国


フエノロサ  冠絶せよ日本
 感動の対面/日本の美術こそ磨け


ブルーノ・タウト  奇跡の芸術
 桂離宮の美/芸術性と横能性を備え持つ日本人/太古より稼動し続ける比類なさ


ルーズベルト  日本の武士道に学べ
 ルーズベルトと金子堅太郎/武士道が及ぼした影響

ネルー  感動の勝利
 日露戦争の日本の勝利に歓喜/日露戦争が世界地図を変えた


李登輝  日本の教育に感謝す
 人生最大の影響は日本の教育/「武士道」は日本の精神的支柱/伝統なくして進歩なし


マハティール  日本に学べ!ルック・イースト
 ルックイースト/日本への忠告


ウィリアム・アダムス(三浦按針)  やさしさと勇敢さ
 漂流者を丁重に扱う/二枚舌の歴史/世界を見た家康


ケンペル  礼儀作法の高等学校
 世界一礼儀正しい国民/「鎖国」はなかった!?


イザベラ・バード  礼儀正しく安全な国
 親切な日本人/安全に女性旅行ができる国/勤勉で真面目、読書をよくする


チェンバレン  連綿たる学問と教育
 勉学・教育の国/日本女性について/西欧との対比


ルイス・フロイス  天賦の知性
 日欧のあべこべ/織田信長について/公共工事で雇用創出した築城


レザノフ  教養の国
 ロシアの来航/ゴンチヤロフと川路聖讃/日本とロシアの風景の懸隔


マルコ・ポーロ  黄金の国ジパングは世界の憤れ
 黄金の国ジパング/フビライ・ハーンとの出会い/軍事大国化したあとに軍備縮小/当時の人々には驚愕の内容


八十日間世界一周  はや世界と伍す
 維新後5年で世界の重要港/明治以前の力/他の小説等に登場する日本


杉原千畝〜ユダヤ人より〜救生者
 杉原のその後


エルトウールル号事件
 〜ネジヤツティ・ウトカン駐日トルコ大使より〜善の連鎖
 善は連鎖する


トルストイ  日本の宗教を求む
 トルストイと日本/実際の農民の姿


空海〜恵果安闍梨より〜待望の人
 空海の及ぼすところ


ベルツ  日本であるべし
 偉人達の諌言・提言/ベルツの見たもの


ヒュースケン  善なる日本への感懐
 愛すべき青年/ 富士の絶景 /ヒュースケンが眠る場所



まとめ

世界の偉人と言われるような人たちが、日本に賛辞をおくっている。その大まかな点はだいたい以下の通りである。

日本人の自然を愛する心や美意識、そこからくる風景美。日本人の勤勉さをしめす手入れのゆきとどいた農地と美しい田園風景。
日本人の道徳性の高さ、文化の高さ、頭の良さや善良な品性など、一般の民度の高さを称えている。

魏志倭人伝以来2000年、日本人が「盗まない」ことに驚いた外国人が多いこともよくわかる。

これらの価値に一番気づいていないのが当の日本人であるようにすら思える。

で、このように日本に対する賛辞で埋め尽くされたこの本を読んで私はどう思ったか。正直、複雑な気持ちになった。なぜならば、ここで世界の偉人たちが賛辞を送っているのが、いずれも過去の日本および日本人だからだ。

彼ら偉人たちが現代の日本を見て、また現代の日本人を見て、同じように賛辞を述べてくれるとは到底思えない。それほどまでに、日本人は自分たちの長所・利点・美点を失ってしまったように思う。

同書中で述べられている言葉から、多くの偉人たちが、日本を心配してくれていた事もわかる。

ラフカディオ・ハーン

「日本の場合は危険がある。古くからの質素で健全な、自然で節度ある誠実な生活様式を捨て去る危険である。質素さを保つかぎりは、日本は強いだろう。しかし、贅沢な思考を取り入れたなら、弱くなっていくと考える」

また、九州熊本にいたハーンは次のようにも述べている。
「私は 『九州魂』といわれるものについて考えてみた。質素な慣習と誠実な生活が、古来からの熊本の美徳であると開いている。もしそうであるなら、日本が将来偉大になるかどうかは、『九州あるいは熊本魂』 ーーー 素朴、善良、簡素であることを好み、生活上の無用の贅沢や浪費を嫌う ーーー を維持できるかどうかにかかっている」

 純朴で礼節がある日本人と、伝統文化が息づく日本を愛してやまないハーンは、「私、この小泉八雲、日本人よりも本当の日本を愛する」と言ったそうだ。


フェノロサ

「西洋のものであれば、何でもかんでも崇め貴ぶというふうに、西洋のものをそのまま日本に入れないで、まず入れる前には、これは果たして価値のあるものか、どれだけ利益のあるものであるかということを、よく調べてから輸入し、利用するのがよい。そうしないと大変な害を受け、そして損をします。他方、日本から西洋に出すべきものもたくさんある。日本には昔から固有の文明があって、長所がたくさんあります。日本から西洋に出すべきものを出さざれば、西洋の文明がついに得ることができないものが多くあります」


ゆえに、この点をよく理解し、教育、学問、政治、産業等に従事しないと、大変な損をし、後で臍を噛むようなことになるぞと言っている。

ベルツ

もし日本人が現在
アメリカの新聞を読んでいて、
しかもあちらのすべてを
真似ようというのであれば、
その時はーーー
その時は、日本人よさようならである。


アインシュタイン

西洋と出会う以前に日本人が本来もっていた、つまり生活の芸術化、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って、忘れずにいて欲しいものです。


マハティール

「日本人にとっての最大の危機は、外国の脅威でもなんでもない。日本人が日本に自信をなくし、外国(アメリカ)のシステムに同調することで自らを救おうとしていることこそが、最大の危機なのではないか」
「日本固有の文化にもっと誇りを持つべきです。(中略)あなた方の文化は、本当に優れているのです。日本の力を忘れてはいませんか。」


李登輝

「『進歩』を重視するあまり『伝統』を軽んずるというような二者択一的な生き方は愚の骨頂だと思うのです。(中略)『伝統』という基礎があるからこそ、初めてその上に素晴らしい『進歩』が積み上げられるのであり、『伝統』なくして真の『進歩』などありえないのです。」
「人類社会全体が危機竿頭の大変な状況に直面している時だけに、世界有数の経済大国であり平和主義国家でもある日本および日本人に対する国際社会の期待と希望はますます大きなものとなりつつある、と断言せざるを得ません。数千年にわたって営々として積み上げられてきた日本文化の輝かしい歴史と伝統が、六十億人余の人類社会全体に対する強力な指導国家としての資質と実力を明確に示しており、世界の人々から篤い尊敬と信頼を集めているからです」



で、同書の著書は以下のようにまとめている。

 世界の偉人は不思議と、同じ様なことを繰り返し述べています。概して以下のような諌言と提言があります。

(1) 西欧文明を取り入れる事は、害悪があるのでよほど気をつけ、日本本来のすばらしい伝統文化や日本人らしさを大切にすべし

(2) すぐれた伝統ある文化を持っている日本こそ、それをベースとして、これからのアジアや世界のリーダーたることができる

 まず西欧人自ら、西欧のものは有害で野蛮でさえあると言う人が意外に多い。そしてその導入にはよほど気をつけるべしと忠告します。つぎに、伝統あるすばらしい文化を持っている日本だからこそ成功を収められたのであり、世界のリーダーたりうるのだ、といいます。

 この2点は、日本人があまり意識するところではないのですが、多くの偉人はこれ等の忠告を繰り返し述べます。これほどの世界の偉人たちが、繰り返して述べる事ですから、吟味して肝に銘ずべき諌言・提言であると思います。


最後のまとめにはこうある。

一方で伝統を大事にし、
一方で健全な進取の気風がある


これが先哲外国偉人がわれわれ日本人へ送る、重要なメッセージであり、日本人が大切にしたい指針であるといえましょう。


かつての日本人は、自分たちの伝統的な価値観を守りつつ、新しいものを取り入れてきた。それを忘れてはいけない。

李登輝氏の言う通り、『進歩』を重視するあまり『伝統』を軽んずるというような二者択一的な生き方は愚の骨頂だ。日本が進歩をつづけれこられたのは、伝統の蓄積があったからである。

そして、欧米のマネばかりする前に、まず過去の日本がどうだったか、なぜ今の日本が世界の先進国の一因として存在しうるのかを、この本を読んで考えてみたほうが良い。

↓クリックしていただけると書く意欲が増します。


↓お手数おかけしますが、こちらもクリックしていただけると助かります。
にほんブログ村 政治ブログへ
コメント
この記事へのコメント
日本には一千年近く続く老舗の会社が沢山あるそうですが、昔の匠の職人は利益よりも名誉を大事にしていた様です。私の田舎には、木の自然な曲がりを生かした丈夫で美しい古民家が残っておりますが、天井裏には大工の棟梁の名前が誇らしげに書かれております。現代の建築家が耐震偽造をしてまで利益を追及する姿勢は名誉なんて二の次、三の次なのでしょう。そして残念ながら匠の職人が魂を込めて造った古民家も空き家と成り荒れ果てたり、取り壊されて数が少なくなりました。しかし今、そんな光景に外国人建築家の人達が日本の古民家に移り住んで、日本人に警鐘を鳴らしてくれています。有り難いです。
雪月花 | URL | 2008/03/03 (月) 11:19:52 [編集]
日本財団
日本財団が、古い民家を修復する事業を募集していますね。北やチャイナに魂を奪われたことに対する、今更ながらの罪滅ぼしなんでしょう。なるべくなら、大規模小売店を廃止し、かつての商店街を再建する物流生産体制への再構築が必要です。また、農地転用は、地力増進目的施設や機械倉庫以外は禁止にしないといけません。それを支えるための、国家ファンド設立を希望します。
新四郎 | URL | 2008/03/03 (月) 12:57:37 [編集]
本当に大切なものは
 本文中にもありましたが、外国人が、今の日本を見て、褒める所はあるのでしょうか。嘘を言わない、お金で人の価値を諮らない、勤勉、勇敢、盗まない、これ等はつい此の前まで我々が、普通に持っていた価値です。
 バブルの前あたりから、真面目な人を、ネクラなどと言って、貶めるようになりました。今、テレビでもてはやされるのは、芸能人とスポーツ選手ばかりです。本当に尊敬されるべきは、国を支えている人であるべきです。
八目山人 | URL | 2008/03/03 (月) 16:20:16 [編集]
腐敗官僚こそが国賊!
一番堕落しているのは天下り官僚です!
仕事もしないで週刊誌ばかり読んでいても年収1600万円です。退職金も3000万円以上。
一昨日も大阪の橋下知事が
「鍵を開けるだけで年収1000万円の青少年会館の職員」
を辞めさせました。
ところが
「行政改革の小泉政権や安倍政権を口汚く非難する」
bloggerも居ます!
彼らも天下り官僚の手下で同罪です!
柳生昴 | URL | 2008/03/04 (火) 00:30:04 [編集]
皆さん、コメントありがとうございます。

>柳生昴さん
官僚に個人的な恨みでもあるんでしょうか?

天下りは単に程度問題ですし、すべての公務員がろくに仕事していないわけでもないでしょう。珍しいから報道されるんだと思いますよ。マスコミに洗脳されているのではありませんか?

青少年会館の職員は天下り官僚だったのでしょうか!?

民間企業の重役でもろくに仕事していない天下りと同じように子会社を渡り歩くものも多くいます。

こういうものはゼロにはできませんよ。せいぜい減らせるくらいで、やはり程度問題です。

潔癖性は左翼と同じ、こういうものを完全に無くすことに一生懸命になりすぎるから、滅茶苦茶な改革という名の破壊を行ってしまう、もっと幅広い視点で見るべきだと思います。
管理人 | URL | 2008/03/04 (火) 08:41:22 [編集]
一つ付け加えを
忘れてましたが、大阪の場合は、同和採用者が仕事せずに、飲酒運転して買春とか、人権学習会とかで専従と称して仕事の邪魔ばかりしてきたことが挙げられます。同和が強いところの特有現象です。あと、男女共同参画事業では、国家予算の1/8が、各省庁に割り振りされ、巧妙に無駄使いされてます。これを指摘した議員は、今のところ残っているのは、西川議員のみです。それさえなくせば、一気に無駄使いはなくなりますし、DV・痴漢冤罪などのような人権侵害もなくなり、一石二鳥です。
新四郎 | URL | 2008/03/04 (火) 12:30:02 [編集]
 京都も同和利権の巣窟ですよ。環境局がらみの
逮捕者が続出でした。
逮捕者です、仕事をさぼったとかいうレベルの問題ではないのです。(勿論、それも悪いのですが)しかも覚せい剤や恐喝などが主です。
「同和枠」というのが存在し、同和の組織からの圧力で
抗議すれば「差別だ」「人権侵害だ」と担当者がノイローゼになるほど責めるのです。
同和利権、在日特権、ジェンダーフリー利権などが
なくなる事を早急に望みます。
翡翠 | URL | 2008/03/04 (火) 20:26:23 [編集]
翡翠さん

おっしゃるように、その手の利権というのは、まあ同和や在日の特権というのは、少なくとも現在は、そういうものがあるために、むしろ差別が助長されているところがありますし、彼ら(被差別者)のためにも廃止してやるのが親心というものだと思いますね。
管理人 | URL | 2008/03/05 (水) 11:26:06 [編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.