右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

役に立たない企業
パソコンを買い換えた。

MacBook Proと言うやつ。ずっと昔からmacばかりである。

Apple MacBook Pro 2.4GHz Core i5/15.4Apple MacBook Pro 2.4GHz Core i5/15.4"/4G/320G/8xSuperDrive DL/Gigabit/802.11n/BT/Mini DisplayPort MC371J/A
(2010/04/14)
アップル

商品詳細を見る


しかし、私は別に、アップル信者ではない。アップルのような企業はさして立派とも思っていない。パソコンを昔から使っているので愛着あるだけである。

iPodはさすがに使っているが、iPadやiPhoneは持っていないし興味は無い。

最近やたらと、スティーブ・ジョブズを持ち上げる人が多いが、中野剛志氏も言っていたが、ああいう人を真似しても日本はよくならない。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
(2010/07/15)
カーマイン・ガロ

商品詳細を見る


もちろん、個人的に真似するのは(無理とは思うが)自由であるが。

何故かと言って、アップルのやっていることは、世界中から寄せ集めたものをただ組み立てて売っているだけであるから、アメリカの雇用にも景気にもほとんど貢献しない。

従って、アップルが好調でもアメリカ経済にはそれほど良い影響は無い。

まあ、ソニーがiPodやiPadみたいものを開発して日本国内で作ってくれていたら日本経済に多少は貢献したかもしれないが、最近の家電メーカーは安く作ることしか考えていないから、だめなんだろう。

それも、デフレで消費者も価格の安さを追求しがちだから、メーカーもそうなるのかもしれないが。

いずれにせよ、アップルのように海外のものを組み立てるだけとか、中国で生産した安い製品を売るようなビジネスモデルを日本でやって誰かが成功したとしても、その個人や企業は良いかもしれないが、日本社会にとっては別にどうと言うことは無いのである。

ユニク○みたいな企業がいくら成功しても、日本社会全体が豊かになることには何ら貢献しないのと同じである。

今やアメリカも一部の人たちに支配されている。TPPではアメリカの国民の大多数は別にトクをしない。オバマは雇用を増やすためのTPPを言っているが、アメリカの製造業はむしろマイナスの影響をこうむる可能性すらあるのだから。

では誰がトクをするかと言うと、アメリカのごく一部の金融にからんでいるウオール街関係者や、サービス産業などに勤めているような人たち、すでに金持ちで良い暮らしをしている人たちが、さらに儲かるだけだろう。

だから、オバマはもともとTPPみたいな自由貿易協定には反対していたのに、大統領を続けたいがためにウォール街に魂を売ってしまったようだ・・・
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.