右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

橋下勝利でうれしいのか!?
保守系のブロガーの多くは、大阪市長選挙の「橋下VS平松」の戦いで橋下氏が勝利したことを無邪気に喜んでいるようである。

いや、彼らとて愚か者ではないから、「無邪気」には喜んでおらず、橋下氏に「少し心配な部分を感じつつ」、喜んでいるようではある。

もちろん私とて、明らかなサヨクである平松氏が負けたことは結構だと思うが、しかし、正直言って私は橋下氏が正しいことをやろうとしているとは思えないので、彼と、府知事の候補者の圧勝も喜べない。

橋下氏もニュータイプのサヨクと言うか、ひかえめに言って、革命ごっこ好きの改革バカ(新種のサヨクの一種)としか思えない。

教育の問題については彼の方向性で結構だとは思うが、大阪都構想は、現状ではやめたほうが良いと思う。

ベースにはるのは、民営化・規制緩和万歳、既得権はとにかく破壊さえすれば改革になると言う単純思考である。インフレで好景気の時ならそれもまあ良いかもしれないが、デフレで不況の現状では誰にも良いことは無い。

たぶん彼のブレーンが「改革バカ」なのだろう。とにかく既得権と名が付くものはすべて潰せば良いと無邪気に考えている。

マスコミでは、意味や根拠が不明、もしくは定義があいまいでイメージだけの言葉が飛び交うことが多い。

「利権の構造」とか「既得権」なんて言葉ももそうだろう。イメージ優先のマジックワードで、この言葉を聞くと皆は思考停止である。

実際にその利権の構造に直接つながって利益を得ている人は少ないのかもしれないが、巨大な構造ならば、誰しも間接的にはつながっている。

当然のことながら、日本経済はすべてつながっているから、特定の業種を潰せば、企業のリストラや倒産が増え、失業者も増えて労働賃金も下がる。そうなると、ものも売れなくなるから、さらに景気も悪くなる。建設業界の没落がそのことを一番よく証明してくれている。

既得権批判の改革は、マスコミ主導の、たんなる革命ごっこにすぎない。一時、正義の味方気分になれるだけで、誰にも何も良いことは無い。

やはり正義をふりかざすのは危険である。人間は、自分が正しいと思った時によく暴走する。

大阪都構想で行政をリストラ、企業倒産が増え失業者も増加、景気が悪化してデフレ加速、労働賃金がさらに下がったところに、民営化・規制緩和で競争激化、しかし需要が無いのに供給を増やしても無意味だから、みんなともだおれ。

そこに経済特区構想か何かでグローバル大企業が進出、安い労働力を使っておいしいとこどり、儲けた金は株主配当で海外へ流出、日本経済はさらに沈没の一途をたどる・・・

と、こうならなければ良いが・・・

また、橋下氏は、民意民意と自分の勝利を民意と言うものを錦の御旗に勝ち誇っているが、はっきり言って、大阪府民の民意で政治を決めてしまうのは危険である。

横山ノックを知事にしたり、西川きよしをトップ当選させる地域である。東京や中央にたいする反感や対抗意識が優先して、冷静に政策を判断できるような民意は大阪には無い。

むしろ大阪では、多数の民意とは逆のことをしたほうが正しいと言う可能性のほうが高いのだと、皮肉の1つも言いたくなる。

橋下さんよ、そんなに「民意」をふりかざすでない!
思い上がり
私がマスコミを嫌うのにはそれなりの理由がある。

日本のマスコミは、世界的に見ても弱者の味方である。つねに弱い者の視点からものを見ようとする。

それはそれで立派な面もあるだろう。虐げられている弱者をなんとかしてあげたいと言う気持ちは私にだって無いわけではない。

しかし、そこに思い上がりが生まれやすい。

社会的立場の高い人が失言をすると、マスコミは集中砲火を浴びせる。本当はそこに働いているある種の選別の力(偏向)が問題なのだが、今回はその話ではない。その種の批判では「○○な人々の心を傷つける発言」うんぬんと言うパターンがよくある。

それは、もちろん、そんな発言が良くないのは全くその通りである。

ただ気になるのは、まるで、自分達マスコミは正義の味方で誰も傷つけてはいないかのような報道ぶりである。

この私がどれだけマスコミ報道やテレビ・新聞に不快にさせられ、その内容に激怒しているかなど、当然マスコミは考えたことも無いだろう。

もちろん、私が変人だからと言ってそれで無視して終わりでも結構である。しかし、私のような変人も、この日本列島にたった1人しかいないわけではない。似たような感覚を持っている人間が、ざっとみつもって1万人くらいはいる(笑)。

1万人と言うとかなり大人数に思うかもしれないが、1億人の人口とくらべると、0.01%の極少数にすぎない。世論万歳・多数決万歳の民主主義の世の中では、少数であると言うことは圧倒的に立場が弱い。

しかし、マスコミは日頃から自分は少数の弱者の味方であるかのようなことも言っている。

いや、私のような少数者が傷ついたって別にかまわないのである。いい年こいた大人が、少々のことで傷つけられただの不快だの、傷つけてごめんだの言うのはむしろおかしいと思っている。

どだい、何かを発信する以上は、人を不快にさせたり、傷つけたりすることが避けられない。自覚が無くてもかならず誰かを傷つけているか不快にさせている。それくらいに思ったほうが良い。

自分がそういうことをしていないと思うのは、すべての人間が自分と同じ価値観だと思っているからである。


私は、自分がいかに世の中とずれているか自覚がある。いつも傷ついているし、多くの人がなにげなく言っている言葉にもいつも不快に思うことが多々ある。もちろん、そういう事に対していちいち反応はしないように、かなりの自制心で我慢している。

そして、そういう自分の感覚が他の人から理解されるとも思っていない。

何か言ったり書いたりする以上は自分と考え方や感覚の違う人を知らないうちに嫌な気持ちにさせる、そういう事は避けられないと自覚しているのである。

ところが、マスコミは、そんなこと考えもしない。

例えば、数日前にNHKを見ていると、ナレーターか誰かが「アラカン」と言っていた。

私はてっきり、嵐寛寿郎の話かと思っていた。鞍馬天狗の。

ところが、よく聞いてみると、Around 還暦(アラウンドかんれき)と言う意味らしい。

もう激怒である。

NHKが日本語を滅茶苦茶にしている。

日頃からアラサーだのアラフォーだの言う言い方には本当に不快にさせられる。

どうしてそんな変な英語とも日本語ともつかない言い方をマスコミが一方的に流行らせるのか。そして、アラカン!?それもNHKが。

釣り番組を見ていても似たように不快に思うことが多い。エギングだのなんだのと。

でも、こんなことを言っても、ほとんど誰も理解してくれない。

まあ、でもこれは良いのである。私が変なのだろう。

こういうところまでマスコミを批判する気はさすがに無いし、そういう言葉遣いをしている人を批判する気もない。

でも、せめて「自分たちは誰も傷つけたりしていない」などと言う思い上がりを抱くのはやめて欲しいのである。

ところが、マスコミはそういう自覚が無い。自分を無謬の正義の味方とでも思っているのか?

人の気持ちは簡単にはわからないものである。そんなこともわからないのかと思うと、また腹が立つ。

そういうことを自覚できるのは、ちょっと変な人だけなのかもしれない。日々平和に暮らしている人たちにはわからないだろう。
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.