右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

思想の問題!?
韓流ブームと言うか、フジテレビの異様なまでの韓流のゴリ押しを批判した俳優が話題になっているようだ。

高岡蒼甫“反韓流”発言でまた大騒動

本人は「家の妻は自分と一緒の思想ではありません。」とか言っているようだが、不思議である。

韓流ブームを批判すると「特殊な思想」みたいに言われるのは何故だろうか!?

だいたい、日本ではハリウッド映画を批判しても「思想」がどうたらとかは言われないが、韓流、いや、韓国や中国を批判するとなんだかあぶない右翼みたいな言われかたをするのがイマイチ納得行かない。

美味しんぼなんか読んでいると、アメリカの文化をボロクソに批判している。これこそ排外主義の危険なナショナリズムかと思うが、しかし同時に、中国や朝鮮半島の文化はやたらと持ち上げている(原作者の奥様があちらの方らしい)。だから許されているのかもしれない。不思議である。

最近ではさすがにマスコミも中国を批判するようになってきたが、以前は中国や朝鮮半島を公然と批判するのは御法度に近かった。それが拉致問題を生み、長年放置し続ける土壌にもなった。

日本人拉致について北朝鮮の関与を最初に指摘した西村真悟は国会で滅茶苦茶に批判され、右翼よばわりされたとか。マスコミに批判されるのが怖くて、警察も情報をつかんでいても公にできずにいたほど。

その話と関係あるのかどうか、ちょっと質が違うような気もするが、最近のマスコミの、そして特にフジテレビの韓流ゴリ押しはものすごいものがある。

正直。私のまわりでは、韓流にうんざりして見たくもないと言う人間のほうが多いのだが(チャンネル桜を見ているような層ではなく、職場の同僚である普通の人たちとかに多い)、マスコミはそういう声を無視している。

で、今回のように韓流を批判すると「思想」がどうたら言われるとは・・・

正直、ハリウッド映画も批判するし、韓流も大嫌いな私からすると、少々韓流を批判した程度で、「思想」がどうたら言われるのは、恐怖を感じる。マスコミによる言論統制としか思えない。恐ろしい時代である。

韓国のマスコミでは日本をボロクソ叩きまくるのが日常茶飯事である。その中には滅茶苦茶なものや言いがかりも多い。そういう事情をどれだけ日本人は知っているのか?

お隣の国で日本について間違った認識を平然と垂れ流しているようなことに、はっきりものを言い、相手の間違いは正すのが本当の相互理解だろう。

相手に遠慮して相手にあわせてばかりでは、自分を見失うだけである。

ちなみに、ここ数年の韓流ブームは広告代理店が主導しているものである。

日本のマスコミは、いろんなところからの圧力を受けている。

政治的な偏りは、各社によって特徴があり、いくつかパターンがあるが、共通するのはスポンサー関係のようである。

大手スポンサーの大企業や宗教団体
それらを取り仕切る広告代理店

あと、意外なところでは、財務省の影響をかなり受けている。

官僚批判や体制批判、権力批判が大好きなマスコミだが、不思議と経済問題に関しては、財務省の主張をほぼそのまま報道している。

しかし、日本の経済がずっとおかしいのは、長年にわたる「財務省主導の経済政策の失敗」である。無駄遣いのせいではない。

これだけ円高になっても、日銀は何もしない。

これだけデフレが続いても、財務省は何もしない。何かしろと言うと「インフレになる」と言う。今の財務大臣は本当にひどく、「私は今がデフレとは思っていないし、インフレよりは良い」みたいな滅茶苦茶なことを言っている。

こういう経済について間違った認識を広めているのは、記者クラブ制度に頼り切って財務省の言うことをうのみにしているマスコミにも問題がある。

日本の経済や財政がおかしいのは、財務省の主導した政策が間違っていたからなのに、あいかわらず財務省の主張そのままの論調がマスコミを支配し続けているから、今後も日本の経済はよくならないだろう。復興もおぼつかないに違いない。

なんだか話がそれてしまった。
つぶやき・・・
なでしこジャパンが優勝!?私は素直に喜べない。女子が玉蹴りに熱中するなど、日本と言う国の文化、国柄が奇妙に変質してしまったことの証としか見えない。

また、オリンピックや国際試合で日本チームが優勝するのは結構なことだが、そんなことだけ騒いで「日本は強い」と喜んで見せても、国際政治でやられ放題、領土も奪われ放題では何の意味も無いし、どちらが国の存亡にとって重要かは言うまでも無いことだと思う。

所詮はプチ・ナショナリズムにすぎない。

それにしても、昨夜は台風の影響か、ひさびさに寝苦しかった。

この夏、例年通りかなり暑いのに、世間では節電とかでクーラーの温度設定を上げている人もいて、そのせいで熱中症になった人もいるとか!?

「節電してますか?」が挨拶のようになっている雰囲気であるが、こんな挨拶をしてくる人とは、あまりおつきあいしたくないものだ。

ちょっと前に中学生の学級委員長みたいなのが首相になったことでもわかる通り、学級会のクラス委員みたいな人間が増えているのだろう。そういう人間には大人の政治に口出しして欲しくないが、そういう人間ほど大声で口出ししたがるようである。

我が家は節電しているかと聞かれれば、特にしていないが、そのことを恥じてなどいない。なぜかと言えば、節電する理由を考えればうちは関係ないからである。

今回どうして節電が必要なのかと考えれば、普遍的な省エネ活動とかではなく、単に電力の供給が不足して需要に見合わなくなるためである。

そして、需要に追いつかない可能性があるのは、暑い日の平日の昼間と決まっている。

うちは、平日の昼間には家に誰もいない。電気を消費しているのは冷蔵庫くらいであるし、これは止められない。

従って、家で節電する必要など無いし、やりようも無いのである。

そもそも、もともと我が家は無駄な電力など使っていない。節電するのが「道徳的に正しい」みたいな言い方をする人は、私に話しかけないでもらいたい。

たくさん節電できて喜んでいる人は、それだけ自分が日常で無駄なことをしていたと恥じるべきである。節電できたことを誇らしげにしている場合ではない。

だいたい、最近ではこんな便利なものが1時間ごとに更新されて表示されている。

110718setuden.jpg

本当に有効な(意味のある)節電をしたいなら、これを見ながらやれば良いだろう。

エコエコと連呼して、一時はCO2について大騒ぎして、だから火力をやめて原発への依存に何も言っていなかったのが、今度は原発の事故で一転して脱原発で自然エネルギーだと。それも、どちらも同じ民主党政権の間におこった事である。

物事、総合的に判断できないから、目先の出来事で右往左往して判断がコロコロ変わるのだろう。

そうやって、状況に適応することを繰り返す前に、自分たちが間違いばかり繰り返してきたのだから、今度の決定もまた間違っているのかもしれない、もうちょっと慎重になろうと、そう考えることができないものだろうか!?

さして影響の無いものについて大騒ぎばかりするか、たいして悪くもないものを叩きまくる、そして本当に悪いものはスルーしてしまうマスコミこそ、日本を滅茶苦茶にしている。

そんなマスコミの発信する情報に踊らされて右往左往する世論によって政治が動けば、この国は滅茶苦茶になって当然である。

今まで間違いを繰り返してきた世論の判断が、また間違いを繰り返すかもしれないと、どうしてそう冷静に考えられないのか。

世論には「自分たちの考えが(また)間違っているかもしれない」と言うう冷静さと謙虚さがまったく無い。
なでしこ!?
なでしこジャパンが勝ったとかどうとかで、世の中うかれている。

しかし、私にはついて行けない。

まず、「なでしこジャパン」・・・この言い回しが気に入らない。

最近はやたらと何でもひらがなにする、カタカナが多い、自分の国をすぐ「ジャパン」とか言う。どれも気に入らない。

また、大和撫子はサッカーなどしない。

サッカーする女子を「なでしこ」などと言ってしまう今の日本は、もうおかしくなっている。女子が人前で玉蹴りに夢中になり、醜いガッツポーズを晒しているのを見て、観衆も一緒になり熱狂する姿は、小泉ブームの時に小泉首相に群がり興奮していた大衆と重なって見える。

彼らはその後に鳩山あたりに興味を示し、最近では脱原発とか東電叩きに熱心になっているのだろう。その話は置いて・・・

そもそも、日本人がサッカーなどに夢中になること自体が、日本社会が異質なものに変わってしまった証拠ではないかと思う。

感情を抑えるのが日本人の美徳であったはずで、だから高校野球のガッツポーズすら物議をかもした時期があった。

ところが今や、スポーツは楽しむもので、聴衆はそれを見て熱狂するもの。興奮してわめきちらし負ければ暴れる。

そのくせ、スポーツ選手のことをサムライなどと言ってみせる。

いやな時代になりました・・・
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.