右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

ブログ終了いたします
期待してくださっていた、わずかな皆様には申し訳ありませんが、ブログを終了させていただきたいと思います。

少なくとも、数年という単位で更新しないつもりです。今までありがとうございました。

放置しておくとコメント欄が荒れるようですので、これ以上荒れるようでしたら、コメント・トラックバックはすべて閉鎖しようかと思っております。

本来ならば、これまでおつきあいいただいた皆様やリンクしていただいているブログの管理人さんたちに一言ご挨拶でも個別にすべきところなのかもしれませんが、とても力がありませんので(おまけに風邪ひいてまして)、この場での挨拶でかえさせていただくご無礼をお許し下さい。

ちなみに、荒れたエントリーのコメント欄は閉鎖いたしました。橋下知事の件を書いた話でしたが、まあ公務員タタキがお好きな方が後を絶たないようで、公務員が批判されてりまう理由はわからないでもありませんが、みんながみんないい加減な人間ばかりではないでしょうし、誰か公務員代表として反論する人がでてこないでしょうかねー。

郵政だって、郵便局の弁護する者まで悪者にされて、民営化の内容も滅茶苦茶の暴走で今いろんなしわ寄せがでているのに、何の反省もなしですから。

あからさまな敵意や憎しみみたいものを公務員に対して燃やしている人たちの感情論でものごとが進んでしまうのに強い危機意識を抱いています。中にはまともな批判もありますが、まっとうな公務員批判ばかりでは無いですからね。特に官僚批判のいくつかのパターンはルサンチマンと区別がつきにくいです。

また、最後に少しだけ書いておきますが、私は世間で批判されているよりは、麻生氏を応援したほうが良いと思っています。

国籍法改正など肝心なことができていませんが、小泉氏をさらに劣化させたたぐいの連中よりはまだマシだろうと思いますし、今後、麻生氏よりマシなひとが首相になったり政権をとる可能性は、おそらく10年近い単位で見て、無いのではないでしょうか?

まあ、麻生氏のままで任期満了までつとめたとしても、良くはならないと思いますので、積極的に支持するとまでは言えませんが、その後に来るのは、民主党政権なのか政界再編なのかわかりませんが、左翼かサヨク(改革原理主義者)のどちらかしか政権を執れないでしょうから、世の中、どんどん悪くなるスピードが加速するだけだと思います。

このブログをやっていて、何が正しいのかを主張するのが大事と思って書いてきましたが、まあ空しい日々でしたため、最後は弱気で消極的な麻生氏擁護で終わりたいと思います。

せめて次の選挙では、私が応援したいと思う数少ない候補者たちがちゃんと当選できますように、祈りをこめて。

それでは皆様、さようなら・・・またいつかお会いできるその日まで。

copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.