右余極説
右翼ではなく余り極端でもなく説明したい(笑)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

コメント歓迎ですが「こちら」をお読み下さい。

東亜百年戦争という視点
このところ、映画「靖国」とかチベット問題など、わりと最近の時事問題を中心に書いてきましたので、世間の流れとは別の話題も書いておきたいとお思います。

今日の話は、旧ブログからのほとんどまるごと転載になりますが、以前に読んだ本でなかなか良かったものを紹介している文章なので、こちらのブログに移転しておきたいと思います。以下の4つの本です。

佐藤優「日米開戦の真実~大川周明『米英東亜侵略史』を読み解く」
林房雄「大東亜戦争肯定論」
富岡幸一郎「新大東亜戦争肯定論」
中村粲「大東亜戦争への道」
核武装論とリサイクル・地球温暖化
ちょっと時間がなかなか取れずに更新が滞って申し訳ありません。今日もあまり時間がないので、最近買った本を列挙して、最後に先日のテレビで見た環境問題についてちょこっと書いて終わりという感じで今日は失礼します。
アメリカの日本改造計画
この本を買いました。今読んでいます。

アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」 アメリカの日本改造計画―マスコミが書けない「日米論」
(2006/12)
イーストプレス

この商品の詳細を見る


日本人のジョーク集
昨日は天皇誕生日でしたね。もともとは天長節と言っていたようですが、もうひとつ、いわゆる「A級戦犯」七名が処刑された日でもあります。

東京裁判によって冤罪をかぶされて処刑されることになった彼らが、将来的にも決して英雄視されることのないように、それどころか慰霊祭がしにくいように英霊として祀ることができないように、GHQ
は当時の皇太子殿下のお誕生日に合わせて彼らの処刑をおこなったわけです。

と、まあその話を昨日書こうと思ったのですが、「殉国七士の廟」とか皆さんご存じかもしれませんし、また昨日は時間がなく、今日その話を書くのもなんですから、今日は手短に別の話を・・・。

最近、書店で良く平積みにされていて、結構売れているらしいこの本をちょっと読んでみました。ちょっと病院での待ち時間があったので(病気ではありませんのでご心配なく)、その間に気軽に読めそうな感じだったので、この本を選びました。
世界の日本人ジョーク集 世界の日本人ジョーク集
早坂 隆 (2006/01)
中央公論新社

この商品の詳細を見る


「日本は世界中から嫌われている」なんて事を言う人がたまにいたりして、それはまったく事実ではありませんし、そういう人に対しては「どうしてそんな事を思うのか」と腹も立つのですが、しかしこの本を書店で見かけたとき、実は私も「どうせ日本人の悪口ばっかり書いてあるんだろう」と思って、読もうなどとは思わなかったりした経緯もあります。
copyright © 2005 右余極説 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.